kindle paper whiteの5つのメリットと3つのデメリット

購入検討中の人
kindle paper white購入検討中。
端末のメリット・デメリット教えて!
 

こんなお悩みの方いませんか?
本記事では、kindle paper whiteのメリット・デメリット」について教えます。

kindle paper white 5つのメリット

早速、kindle paper white の5つのメリットについて教えます。

  • メリット1:何冊買っても本棚は不要
  • メリット2:たくさんの本を持ち運ぶことができる
  • メリット3:防水機能がある
  • メリット4:文字の大きさを変えることが出来る
  • メリット5:本を汚さずマーカーを引くことが出来る

一つずつ見ていきましょう。

メリット1:何冊買っても本棚は不要

家が本だらけの人いませんか?

これからも本を買っていくことを考えると、いつかスペースが足りなくなります。

kindleにすることで何冊買っても本棚は不要ですし、必要なスペースはkindle端末だけです。

それでは、kindleに何冊ぐらい本が入ると思いますか?kindleには8GBと32GBの2種類あります。

小説と漫画がどのぐらい入るのか纏めたのが以下の表です。

kindleに何冊入るのか?
容量小説漫画
8GB約8000冊約100冊
32GB約32000冊約400冊

少なく見積ってこのぐらいは入ります。つまりこの分のスペースがkindle端末に収まります。

このことからメリットの1つ目としては、何冊買っても本棚は不要な点です。

メリット2:たくさんの本を持ち運ぶことができる

旅行の際、本を持っていきたいときありますよね?

バックのスペースには限りがありますので、どの本を持っていくか悩むことがあると思います。

kindleがあれば、メリット1で紹介したようにたくさんの小説や漫画が入りますので、悩むことはありません。

なぜなら、本棚を常に持ち歩いているのと同じですから、kindleだけ持てばたくさんの本を持ち運ぶことが出来ます。

このことからメリットの2つ目としては、たくさんの本を持ち運ぶことができる点です。

メリット3:防水機能がある

  • 本の上にジュースをこぼしてしまった!
  • お風呂で本を読みたい!

紙の本では一度は経験したことがあるのではないでしょうか。お風呂で本を読めたらいいですよね。

kindle paper whiteには防水機能があります。このため、ジュースをこぼしても読めなくなることはないですし、お風呂でも読むことが可能です。

このことからメリットの3つ目としては、防水機能がある点です。

メリット4:文字の大きさを変えることが出来る

このメリットはkindleを購入して便利だなと思った点です。

紙の本の場合、当然ながら文字の大きさは変えることが出来ません。kindleであれば、文字のフォント・太さ・大きさを変えることが出来ます

自分の好きなように変えることが出来ますので、ストレスなく読めます。また、行間やレイアウト(縦と横)を変えることも可能です。

このことからメリットの4つ目としては、文字の大きさを変えることが出来る点です。

メリット5:本を汚さずマーカーを引くことが出来る

参考書の場合、大事なところにマーカーを引きますよね。マーカーを引きすぎたり、戻したいということがあると思います。紙では戻せませんね。

kindleであれば可能です!しかも本は汚れません。一度引いたマーカーも戻すこともできます

また、メモも記入することも可能です。さらにマーカーとメモを一覧で見ることが出来て、1タップでそのページにジャンプできます。

このため、本の振り返りが非常にしやすいです。

  • 大事なところもう一度読みたい!
  • マーカー引いた一覧を見たい!

こんなことが簡単にできるんです。

このことからメリットの5つ目としては、本を汚さずマーカーを引くことが出来る点です。

kindle paper white 3つのデメリット

次は、kindle paper whiteの つのデメリットについて教えます。

  • デメリット1:写真の多い雑誌は不向き
  • デメリット2:流し読みは不向き
  • デメリット3:リサイクルが出来ない

一つずつ見ていきましょう。

デメリット1:写真の多い雑誌は不向き

kindle paper whiteでは雑誌も読めます。ただ、モノクロのためカラー写真が多い雑誌には不向きです。

また雑誌の場合は、文字の大きさを変えることはできません。拡大は出来ます。(スマホと同じく2つの指で広げるように動かす)

勘違いしないで頂きたいのが、読めないことはないです。紙の方が読みやすいので、不向きということです。

個人差がありますので、皆さんも一度は雑誌も読んでみてくださいね。Prime会員なら無料で読める雑誌もありますので、体験してみてください。

以下は、kindle paper whiteで雑誌を読んだ時の画面キャプチャーです。

デメリット2:流し読みは不向き

パラパラ読みたい時だってありますよね。kindle paper whiteではタップしてページをめくるため流し読みは不向きです。

このことからパラパラ1ページずつめくることが紙の本に比べて不向きです。※特定ページへのジャンプは可能

デメリット3:リサイクルが出来ない

kindle paper whiteというより電子書籍のデメリットになりますが、買った本をリサイクルする(売る)ことは出来ません

紙の本の場合、不要になったらリサイクルで売ることが出来ますよね?電子書籍では出来ません。

そもそもなぜ売るかというとスペースの確保のためが多いはずです。売っても大してお金になりませんし、いつかまた読むことを考えたら取っておけばいいのですから。

kindle本は売ることはできませんが、メリットで紹介したとおりスペースは取りません。このデメリットは個人差がありそうですね。

まとめ

kindle paper whiteのメリット・デメリットについてまとめです。

  • メリット1:何冊買っても本棚は不要
  • メリット2:たくさんの本を持ち運ぶことができる
  • メリット3:防水機能がある
  • メリット4:文字の大きさを変えることが出来る
  • メリット5:本を汚さずマーカーを引くことが出来る
  • デメリット1:写真の多い雑誌は不向き
  • デメリット2:流し読みは不向き
  • デメリット3:リサイクルが出来ない

kindle paper whiteのメリット・デメリットについて紹介しましたが、当然ながら紙の本にもメリット・デメリットがあります。

私が提案したいのは、kindle paper whiteと紙の本の使い分けです。

この記事では紙の本をやめて「kindle paper white」にしましょうと伝えたいのではありません。実は、絶対に本は紙!という方向けに書いています。

私もその考えでした。ただ実際に使用して紙にはないkindle paper whiteの良さがありました。

是非一度体験してみて頂きたいです。

読書のための専用端末 - e-inkディスプレイで、紙のように読みやすい。直接目を照らさないフロントライト方式だから、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくい。本数千冊(一般的な書籍の場合)がこの一台に
2年間使用した実績からKindleの使い方と機能について纏めました!
>>>kindle paper whiteの使い方と機能のまとめ【2年間使用実績】をお読みください。
 
タク
最後まで読んで頂きありがとうございました!