【初心者】エレキギターを始めるために最低限必要なものについて解説

ギターを始めたい人
エレキギターを趣味で始めたい!
必要なものは何?

こんなお悩みの方いませんか?本記事で解決できます。

好きな音楽を聴いて自分でギターを弾いて歌えるようになりたい!と思い、ギターを始める人も多いのではないでしょうか?

初めてエレキギターを始める際に最低限必要なものは整理できていますか?ギターだけでいいのか。他に必要な物はないか。そんなお悩みを解決できる記事になっています。

今回はギターを始めるために最低限必要なものについて紹介します。

 
タク
ギターを趣味で初めて20年ほど経ちました。
今回はこれからエレキギターを始めるにあたって最低限用意するものを紹介します!
 

■読んで頂きたい方
・エレキギターを始めたいと考えている方
・初めてエレキギターを購入検討中の方

エレキギターを始めるために最低限必要なものは5点

エレキギターを始めるために最低限必要なものは5点です。

  1. エレキギター
  2. ピック
  3. チューナー
  4. アンプ
  5. シールド

早速、1つずつ見ていきましょう。

【必要なもの1】エレキギター

まずは本体を用意しないと始まりません。
初めてのギター、どんなギターを選べばいいかわからないですよね。

では、どのようにギターを選ぶべきか以下記事で紹介しています。

関連記事

[adcode] ギターを始めたい人 ギターを趣味で始めたい!ギターの選び方を教えて。 こんなお悩みの方いませんか?本記事で解決できます。 今回は「初心者がギター選びをする上で考慮すべき6つのポイント」について紹介しま[…]

初心者がギターを選ぶ際に考慮すべき6つのポイントについて

【必要なもの2】ピック

ギターを弾く方法として大きく分けて2種類あります。

  • 指で弾く
  • ピックで弾く

初心者はピックで弾いてください。

ピックと言っても形・厚さが複数あります。

【参考】
形はティアドロップ 厚さは0.7mm前後が初心者の方には使いやすいです。

初心者おすすめピック

JIM DUNLOP 
形:ティアドロップ
厚さ:0.6mm
私はこのメーカーのピックをよく購入します。

必ずお店に行って触って選んでください。

値段は1個100円程度です。

自分の場合、結構な頻度で無くしていました。このため、予備含めて3枚ぐらいは買うことをオススメします。

ピックはお店で購入!

【必要なもの3】チューナー

ギターの弦は、長時間弾いたり気温の変化によって弦が緩んだりして、音がずれてしまいます。

このため弾く前や音がずれたと感じた際には、チューニングする必要があります。チューナーは、各弦の音をチューニングするためのものです。音がずれていては弾いても気持ち良くないですし、ギター上達にも影響します。

オススメしたいのはライブ中でも視覚的に見えるLEDタイプですが少し値段が高いです。

Ibanez LU20

私が使用しているチューナー Ibanez LU20

初心者がライブするまでには時間がかかると思いますので、まずは安価なものを選びましょう。目的はチューニングですので安価なもので充分です。安価なものとは、ギターネックに付けるタイプのチューナーです。

チューナーは必須!

【必要なもの4】アンプ

エレキギターはアンプとセットで一つの楽器です。アンプがないと生音は小さいため、ピックで弾く時の力(ピッキング)が強くなる癖がついてしまいます。

少し余談になりますが、ギターで重要なのは弦を押さえる左手でしょうか?それとも弦を弾く右手でしょうか?※右利きの場合

答えは・・・弦を弾く右手になります。

初心者と上手い人の違いは、弦を弾く際の強弱の表現が出来るかどうかです。アンプを使うことでピッキングが良し悪しが分かりやすくなり、上達が早くなります。

では初心者が購入するアンプどんなものを選べばよいかですが、以下の2つを条件とすることを推奨します。

  1. 10W以上
  2. ヘッドホンジャックがついていること

私の経験上、出力ワット数は最低でも10W以上必要です。10Wより小さいと迫力がなく、ギターを弾いても楽しくありません。ヘッドホンジャックは、近所への配慮や深夜時間帯に練習することも考えてあった方がいいです。

関連記事

ギターライフ楽しんでいますか? エレキギターの醍醐味は、アンプを通して弾くことです。ある程度弾けるようになったらアンプを購入してみましょう。 今回は自宅練習で使用するアンプについて厳選しました。 よくミニアンプがギター初[…]

自宅練習用のギターアンプおすすめTop5
エレキギターはアンプが絶対必要!

【必要なもの5】シールド

アンプを通してギターを弾くためには接続するための配線が必要になります。それがシールドです。値段はピンキリですが、初心者は1000~2000円のもので充分です。

シールドはアンプと一緒に購入

後から購入で問題ないもの

これから紹介するのは急いで買う必要はありませんが、後々買ったほうがいいものです。

  • ストラップ
  • スタンド
  • エフェクター

1つずつ見ていきましょう。

ストラップ【数曲弾けるようになってから購入】

エレキギターをライブで座って弾く人は見たことがないです。初めは座ったままの練習でいいですが、最終的には立って弾けるようにしましょう

ストラップは、ギターのストラップピンに付けます。自分が好きなデザインのストラップを選ぶといいです。

座って数曲弾けるようになったら購入

スタンド【予算あれば早めに購入】

毎回ケースにしまうのもいいですが、弾きたい時にすぐ弾ける環境を作ることは継続するために効果大です。

またスタンドに立てることにより、目に付く機会が多くなり弾きたいという衝動にかられます。継続するためにはいいと思います。

スタンドは予算があれば早めに購入

エフェクター【必要であれば購入】

エフェクターは音を変化させるものです。

分かりやすいもので言うと、ディレイというエフェクターがあります。一度弾いた音をコピーして、時間差で音を出すものです。わからない方は、エコーのイメージでしてください。

他にもたくさんありますが、エフェクターは必ず使う必要はありません。

ギターがある程度弾けるようになってから、音を変えてみたいと思った時にどんなエフェクターがあるか調べて自分が好きなエフェクターを選ぶことをオススメします。

私が所有しているエフェクターの一部を紹介した記事がありますので、よろしければ購入する際参考にしてください。

エフェクターは弾けるようになってから購入

まとめ

今回は、エレキギターを始めるために必要なものを紹介しました。ギターを始めるためには最低限必要なものは、以下の5つです。

ギターを始めるために最低限必要なもの5つ

  1. ギター
  2. チューナー
  3. ピック
  4. アンプ
  5. シールド

後から購入で問題ないもの

  1. ストラップ
  2. スタンド
  3. エフェクター

ではでは。