【初心者】レスポールギターの弦交換方法|25枚の画像を使い詳細解説

初心者
レスポールギターの弦を変えたい!
何が必要でどうすればいいのか分からなくて・・・

ギター初心者の方でこんな悩みありませんか?本記事で解決できます!

この記事では『レスポールギターの弦交換方法』を画像付きで分かりやすく解説します。

こんにちは、タクです!

 
タク
高校生の頃からエレキギターを趣味で約20年やっています。
・好きな邦楽ロックバンド:Hi-STANDARD
・好きな洋楽ロックバンド:Red Hot Chili Peppers

・好きなギタリスト
 横山健  ジョン・フルシアンテ
 浅井健一 アベフトシ

必要なもの

  1. ニッパー
    弦を力ずくで切ることは難しいため、ニッパーを用意してください。

    ホームセンターで購入できます。弦を切ることが目的なので、特にこだわる必要はありません。

  2. 新しい弦が必要です。自分が好みの弦を用意してください。
     

Step1:古い弦を切る

まずは、古い弦を切る必要があります。

いきなり切らないでくださいね

手順1:弦を緩める

ペグを回して各弦を緩めてください

6・5・4弦と3・2・1弦で緩める向きが逆になります。

目安としては、フレットと弦の間に指が入るぐらい

慣れると両手で出来ます。

左手:6弦 右手:1弦 のように。

手順2:ニッパーを使って切る

指が入るぐらい緩めたら、ニッパーで切ります。

※画像では纏めて切ろうとしていますが、1弦ずつもしくは2弦纏めてで構いません。

手順3:古い弦を取り除く

ニッパーで切ったことで弦が2分割されましたね。

次に弦を取り除きます。

まずは、ネック側

  • 弦がグルグル巻きになっていますので、弦の巻きと反対方向に指で回して取り除きます

弦が取り除く時、飛び出てくる時があるので注意

当たると結構痛いです。

次は、ボディ側

テールピースから弦を取り除くだけです。

テールピースは固定されていませんので、取れても壊れたと勘違いしないでください

手順4:古い弦を丸めて捨てる

切った弦をそのまま捨てても問題はないのですが、きれいに纏めて捨てることをオススメします。

  1. 弦を纏める
  2. 弦を丸めて、余った弦を内側に通す。

もし丸めるのが面倒であれば、短めに弦を切ってください

そうすることでゴミ箱の中で邪魔になりません。←これが目的です!

Step2:クリーニングする

弦交換の際は、必ずクリーニングをすることをオススメします。フレットの掃除がやりやすくなるからです。

ヘッド・ネック・ボディをきれいにしましょう。※私の場合は、普段は軽く拭くぐらいで弦交換時のみ入念にクリーニングします

関連記事

初心者 ギターが汚れてきたから掃除したいんだ。クリーニング方法教えて! ギター初心者の方でこんな悩みありませんか? この記事では『エレキギターのクリーニング方法』について分かりやすく解説します。   タク […]

エレキギターのクリーニング方法について

Step3:新しい弦をつける

クリーニングをしたら、新しい弦をつけます。

今回は、私が愛用している『ERNIE BALL REGULAR SLINKY』を使って説明します。

手順5:弦を伸ばす

弦は購入時、丸くなって纏められています。

丸くクセが付いている場合がありますので、弦の両端を親指と人差し指でつかんでピンと伸ばしてください

画像のようにつかんだら、弦を伸ばしてください。

手順6:テールピースから弦を通す

弦を付けていきます。

弦を通す入口はテールピースからです。

手順7:不要な弦を切る

必要な弦の長さは、テールピースから各弦のペグまでの距離 + 2~3周の巻き付ける分 です。

購入時の弦は、上記よりも充分な長さがありますので不要な部分を切る必要があります。

※始めに言っておきますが、長さを測ったりする必要はないです

  1. テールピースから各弦のペグまでの距離
    テールピースから弦を通して、各弦のペグまでの距離の事です。これは大丈夫ですね。

  2. 2~3周の巻き付ける分
    これが分からないと思います。どのぐらい必要なのか。ペグ間1.5~2個分を目安にしてください。

    6弦・1弦:4~5弦または3~2弦のペグ間ぐらい
    5弦・2弦:ヘッド先端ぐらい
    4弦・3弦:ヘッド先端 + 気持ち長め程度

手順8:新しい弦を付ける

ペグ穴に弦を通します。

巻き始めは弦が抜けやすいため、根元を指で押さえながら進めてください

最初巻きつけた所よりも下へ下げながら巻き付けるとうまくいきますよ!

弦の付ける順番ですが、6弦・5弦・4弦・1弦・2弦・3弦の順につけています。

特に順番については指定は無いですが、この順番の方が取り付けやすいと感じます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ギターの弦交換に必要なものと手順について、紹介しました。是非一度やってみてください。

私の場合、弦交換頻度は3ヶ月に1回ぐらいです。ギターの使用頻度にもよりますが、定期的に弦を変えることをオススメ!

また、ライブ前は必ず交換することをおすすめします。当然ですが、弦は新しい状態が一番ベストコンディションです。

ライブを行う際は前日もしくは当日に弦交換をして、30分ぐらい弾き慣らしてからライブに望んでください。弦交換後は、チューニングがずれやすいためです。

ギターの弦については自分の好きなものを付けてください。弦について調べて選んだり、自分の好きなミュージシャンと同じものを使ってもいいですね。

ギターの部位の名前が分からない方は、下記をあわせてお読みください。

関連記事

初心者 ・ピックアップってどこ?・ナットってどこ?・ジャックってどこ? ギター初心者の方でこんな悩みありませんか?本記事で解決できます! この記事では『エレキギターの各部名称』を画像付きで分かりやすく解説します。 […]

楽しいギターライフを!

ではでは。